農地転用のご相談なら名古屋市の行政書士 山下博文事務所

名古屋市内を中心に、身近な街の法律家として精一杯サポートいたします!

main

ホーム ≫ 農地転用許可 ≫

農地転用許可

農地転用とは

image1

農地転用とは、簡単に言えば「農地を農地以外に利用すること、または他人に売ったり貸したりすること」です。

農地転用とは田や畑を住宅用地、駐車場にするなど農地を農地以外のものに用途を変更することです。農地は農地法という法律で守られています。その法律により、農地転用する場合には事前に許可を受けなければならないこととなっています。... また、登記地目が農地以外でも耕作の用に供されている土地も農地とみなされます。

農地法について

image2

国の農業保護政策により、勝手に農地を農地以外のものに利用することはできません。

  • ①農地法第3条とは、農地を売買したり、貸し借りしたりすることです。
  • ②農地法第4条とは、自分の農地を転用することです。
  • ③農地法第5条とは、他人の農地を買ったり、借りて転用することです。

サポート料金案内

image3

分からないことは、何でも聞いてください。街の法律家として精一杯、サポートさせていただきます。

料金

届出 5万円~
許可 15万円~

よくある質問

  • 生産緑地からの農地転用はできますか。
  • 一定の条件を満たさないと難しいです。例えば、ご本人の死亡、障害など。
  • 市街化区域とはなんですか。
  • 街、駅前など店舗やマンションなどが密集している地域です。
  • 市街化調整区域とはなんですか。
  • 市街化区域とは対照的に、田畑がある場所です。

お問い合わせはこちら

モバイルサイト

行政書士 山下博文事務所スマホサイトQRコード

行政書士 山下博文事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!