農地転用のご相談なら名古屋市の行政書士 山下博文事務所

名古屋市内を中心に、身近な街の法律家として精一杯サポートいたします!

main

ホーム ≫ 遺言相続・内容証明 ≫

遺言相続・内容証明

遺言相続手続きについて

image4

遺言には
①自筆証書遺言
②公正証書遺言
③秘密証書遺言
の3つがあります。

相続手続きは、遺言書の有無の確認から始まって、相続人の調査・相続財産の調査・遺産分割協議書の作成という流れになります。

内容証明の重要性

image5

行政書士の業務倫理として、予防法務といった考え方があります。例えば、契約は口頭でも成立するとされています。しかし、後日争いになった場合、言った言わないの水掛け論になってしまいます。契約書がない場合、内容証明郵便で通知を行い、相手から回答を得て裏付けを取ります。

内容証明の良いところは、こちらの一方的意思の通知内容であっても、それらが法的な効果を生じる場合又は請求などの証拠づけを残したい場合は、非常に有効であるという点にあります。

サポート料金案内

image7

分からないことは、何でも聞いてください。街の法律家として、精一杯、サポートさせていただきます。

 

料金

遺産分割協議書 10万円~
遺言書作成 5万円~

よくある質問

  • 遺留分とはなんですか。
  • 遺言によって遺産相続ができない人でも最低限、請求できる権利です。
  • 相続人以外の人などでも遺産がもらえるのでしょうか。
  • 遺言によって可能です。
  • 借金が残っているような場合はどうすればいいですか。
  • 相続の放棄ができます。

お問い合わせはこちら

モバイルサイト

行政書士 山下博文事務所スマホサイトQRコード

行政書士 山下博文事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!