農地転用のご相談なら名古屋市の行政書士 山下博文事務所

名古屋市内を中心に、身近な街の法律家として精一杯サポートいたします!

main

ホーム ≫ 法人設立 ≫

法人設立

設立に必要なもの

image6

法人設立には、株式会社・合同会社・NPO法人や一般社団法人など多くの種類があります。
定款の作成、認証は行政書士の仕事ですが、登記は司法書士になります。

株式会社を設立するには、まず、会社の名称や目的、資本金の額などの詳細を決め、それから定款を作成します。発起人の議事録も必要であるし、役員を決めたらその就任承諾書も必要です。また資本金の払い込みが終われば、払込証明書も作成する必要があります。そして、こうした書類をまとめ、最終的に、法務局へ登記申請書を提出することで、株式会社の設立が完了します。

設立の流れ

image8
  • ①定款作成のためのヒアリング。
  • ②必要書類の収集。
  • ③定款の作成。
  • ④公証役場にて定款認証。

サポート料金案内

image9

分からないことは何でも聞いてください。街の法律家として、精一杯、サポートさせていただきます。

料金

必要経費を除いた報酬額 10万円~

※法人の種類によって料金が異なります。

よくある質問

  • 有限会社はなくなったのでしょうか。
  • 2006年5月1日に有限会社は設立できなくなりました。既存の有限会社は、商号をそのまま使用できます。
  • 株式会社は一円からでも設立できるのですか。
  • 一円から設立できます。但し、その他に定款を作ったり、登記したり、費用がかかります。
  • NPO法人とはどういうものですか。
  • 特定非営利活動法人と言われ、利益を目的としない非営利組織をいいます。

お問い合わせはこちら

モバイルサイト

行政書士 山下博文事務所スマホサイトQRコード

行政書士 山下博文事務所モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!